Airtech Logo  
Airtech
Advanced Materials Group
-
About Us Composite Tools Products Newsletter What's New Request for Info Contact Us
       

(英語)

(英語)

      (英語)

 
 
バキューム・バッグ・シーラント・テープ
 
室温から800°F (427°C)までの範囲でのキュア用に様々なシーラント・テープを用意しております。これらのテープはご使用後、金属またはコンポジット・ツーリングから簡単にはがすことができます。
 
AT-199 - 250°F (121°C)まで使える小サイズでもっとも安価なテープ
AT-200Y - 400°F (204°C)まで使える経済的多目的ハイタック
GS-100 - 375°F (191°C)までの経済的多目的テープ
GS-213 - 400°F (204°C)まで。もっとも用途が広く、クリーン
GS-333 - 400°F (204°C)までの多目的/font>
GS-213-3 - 450°F (232°C)までの長期キュア周期向け
GS-43MR - 450°F (232°C)までのハイタック、高温
GS-8003-G - 800°F (427°C)までの高温での使用向き
 
ゴム
  
AIRTECH では圧密/デバルキングまたは最終キュア用の硬化・未硬化のゴム、再利用可能なバッグ、プレッシャーパッドを各種取り揃えております。
  AIRPAD® プレッシャーパッドを作るのに使われる非シリコン系ゴム。リワークやスクラップ部分を減らします。また、ハニコム・コア・クラッシュを防ぎ、何度も再利用できます。エアパッドは部品の形に合わせてフローします。 
シリコン・ゴム 部分に合わせて成形できる、硬化または未硬化シリコン・ゴム・シート。フレームと多種のシリコン・シールで完全なユニットを製作することもできます。
AIRCAST 3700 成形できるRTVシリコン・ゴム - 寸法安定性あり。 
PRESSURE STRIP ゴム押し出し器。コーナーと輪郭に圧力を上乗せできるよう、ソフトで成形性があります。 
ARB 100 ラテックス・ゴム・シート
WRIGHTBAG 薄手、非シリコン系再利用バッグ用にサイズや形に合わせてシームされたシート・ゴム。 
 
粘着テープ
 
様々なアプリケーションでご利用いただけるよう、シリコン系または非シリコン系の接着テープをご用意しております。
 
  FLASHBREAKER®400°F (204°C)までの多目的ポリエステルテープ。 
ECONOBREAKER300°F (149°C)まで使える安価な多目的ポリエステルテープ。
WRIGHTCAST 7500 P.S. 400°F (204°C)までのナイロン高伸長テープ。
WRIGHTCAST 8500 P.S. 450°F (232°C)までのナイロン高伸長テープ。
TEFLEASE MG2, MG2R 600°F (315°C)までの離型アプリケーション用PTFEテープ。 
AIRHOLD 10CBS マシニングの間にハニコムを押さえつけておきます。
AIRHOLD 1 CBS 両面加工のポリエステル・テープ。400°F (204°C) 
AIRKAP 750°F (399°C)まで使える、高温使用ポリイミドテープ
 
STRETCHLEASE
  
STRETCHLEASE はレイアップの時の手間を省くために、ピールプライとブリーザー、離型フィルムを接着したものです。ニーズに合わせて様々な材質のコンビネーションが使えます。
  
テーブルトップ
 
汚れなしの"DUROCAST"ウレタン・テーブル・トップが様々なサイズ・色でご利用いただけます。何年もつかえる安全な切削面を提供します。3つのサイズの青いA90 Durometerをストックしています。
  
縫製品 & ラミネーション
 
当社の縫製品部はオートクレーブ絶縁ブランケットや、再利用できるブリーザー/プリーダー・ブランケット、Vac-Valveレジン・トラップ・パッド、ツール・カバー、輸送保護ブランケットを注文生産しています。また当社のラミネーション・マシンでは省力のためにピールプライ、離型フィルム、ブリーザをどのような順序ででも合成することができます。
 
リリース・エージェント
 
SAFELEASE®PTFEと水でできています。溶剤は含まれていません。

SAFELEASE® 30450°F (232°C)でリリースします。どこへでも簡単に送れます。
 

 お客様のご便宜のためにウェブサイトのこの部分は翻訳されておりますが、Airtechの公式保証書、およびデータページは英語版でご覧くださいますようお願い申し上げます。